慶良間(ケラマ)諸島でホエールウォッチング

沖縄本島那覇から近い離島、慶良間でホエールウォッチング使用!日帰りもOK - 一生のうちに一度はみてみたい

更新情報

アーカイブ

一生のうちに一度はみてみたい

寒い時期になると日本の沖縄県では沖縄ホエールウォッチングが盛んに行われるようになります。
ytdtd

沖縄県の沖縄本島の西側ではさまざまな種類のクジラを観察することができます。
美ら海水族館の位置する沖合付近から、伊江島の周辺からケラマ諸島一帯にかけては、クジラたちが多く姿を見せるスポットとしてとても有名です。

たくさんの種類のクジラを観察出来る中でも、ザトウクジラが一番多く観察されています。

多い時には300頭以上もの個体が確認されることもあり、もはやホエールウォッチングのメッカのようになっています。

ザトウクジラはクジラの中でも大きな種類に分類されるもので、体長15メートル前後、体重は30トン前後にもなると言われています。

その巨体で見せるブリーチングは、パワフルでダイナミックそのものだと言えるでしょう。
巨体での大ジャンプといったところでしょうか。
nhds
この巨体でのブリーチングの虜になってしまい、ホエールウォッチングのシーズンになるとなんども足を運ぶファンもいるほどだそうです。

ザトウクジラはそれほど大きな存在感と、圧巻のパフォーマンスをしてくれるクジラなのだということですね。
一生のうちに一度は見ておきたいもののひとつになりそうです。

Copyright(C)2016 慶良間(ケラマ)諸島でホエールウォッチング All Rights Reserved.