慶良間(ケラマ)諸島でホエールウォッチング

沖縄本島那覇から近い離島、慶良間でホエールウォッチング使用!日帰りもOK - ペックスラップ

アーカイブ

ペックスラップ

沖縄県では、寒い時期になると沖縄ホエールウォッチングが出来ることで有名です。
おおよそ1月から3月頃までの間はザトウクジラを観察することができます。
ザトウクジラはクジラの中でも大型種に入り、ビルで言えば4階建てと同じくらいの体長15メートル、乗用車なら30台分程度に値する30トンもの巨体を持っていると言われています。

このザトウクジラが見せる行動の中に、「ペックスラップ」というものがあります。
ザトウクジラが横になった状態で、5メートル前後も有ると言われている長い胸びれを水面に打ちつけてくる行為です。
その水しぶきもさることながら、ゆっくりと動く様子は観察していてもとても優雅でダイナミックなものがあります。
専門家によると、比較的期限の良い状態の時に行われる行為だそうで、ペックスラップを見ることが出来た場合にはかなりラッキーなのかもしれません。

胸びれも右側と左側で模様や色が違ったりするので、そう言った部分も見どころのひとつかもしれません。
うまく胸びれを着水させる瞬間などを写真に撮れたら、かなり重宝しそうですね。
今時はムービーもありますので、うまくザトウクジラに遭遇出来た時は、ムービーを回しておくのも良いかもしれません。

関連する記事

次の記事: を読む »
Copyright(C)2016 慶良間(ケラマ)諸島でホエールウォッチング All Rights Reserved.