慶良間(ケラマ)諸島でホエールウォッチング

沖縄本島那覇から近い離島、慶良間でホエールウォッチング使用!日帰りもOK - 晴れた日のホエールウォッチング

アーカイブ

晴れた日のホエールウォッチング

沖縄県では寒い時期になると沖縄ホエールウォッチングが盛んに行われるようになります。
というのも、沖縄近海ではラムサール条約にも登録され、世界中でも有数の、非常に豊かな自然と透明度を誇る海だと言われています。
比較的1月から3月がメインにホエールウォッチングが行われており、この時期は波が高いことも多いことで知られています。

この時期は、温暖な沖縄県でも、さすがに北風が吹き寒いものです。
海上ともなると、船に慣れている人でも、寒くて一枚多く着こんだりするものです。
実際の気温よりも体感温度が低く感じることを前提にして、服装には注意が必要になります。

晴れている日は比較的穏やかな海上になることが多いですが、その分太陽の光が照り返し、日焼けする事があります。
晴れている日は、必ず日焼け止めを使うように心がけましょう。
出向時は平気だと思っていても、ホエールウォッチングが終わる頃には肌に異変を感じるかもしれません。
そうなってからでは遅いので、出来るだけ日焼け止めを使うようにしましょう。

またサングラスの着用も効果的です。晴れていれば晴れている程、目からも紫外線が入ってきますので、その時だけでもサングラスをかけるようにすると良いと思います。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2016 慶良間(ケラマ)諸島でホエールウォッチング All Rights Reserved.