慶良間(ケラマ)諸島でホエールウォッチング

沖縄本島那覇から近い離島、慶良間でホエールウォッチング使用!日帰りもOK - フルークアップ

アーカイブ

フルークアップ

沖縄県では毎年1月から3月にかけての冬の期間、沖縄ホエールウォッチングが出来る名所としてとても有名です。
特に沖縄県では大型の種類に属するザトウクジラが観察できるとして、その雄大な姿に魅了される人も多くいるそうです。

ザトウクジラが見せてくれるダイナミックなパフォーマンスにはたくさんの種類がありますが、その中でも「フルークアップ」というものがあります。
これはザトウクジラが潜水する時のポーズで、見る者を魅了するとても見ごたえのあるアクションです。
フルークアップは水面上に尾びれが上がり、尾びれの裏側の模様まで見える事を指していいます。
この裏側の模様で個体識別をするとも言われていて、観察しているととても面白いものがあります。

余談ですが、尾びれを水面上に上げないで潜水した時には「フルークダウン」と言うそうです。
これは浅く潜る時に使われることが多いそうで、ザトウクジラが移動中であることを意味するそうです。

一般的に尾びれが水面上に出ると、かなりの興奮と感動を味わうことができます。
その美しさと、ダイナミックな動き、水しぶきなどはとても迫力満点だからです。
船上でも大歓声が上がることが珍しくないと言われています。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2016 慶良間(ケラマ)諸島でホエールウォッチング All Rights Reserved.