慶良間(ケラマ)諸島でホエールウォッチング

沖縄本島那覇から近い離島、慶良間でホエールウォッチング使用!日帰りもOK - マナーと船酔い

アーカイブ

マナーと船酔い

沖縄県では沖縄ホエールウォッチングが出来る名所として、日本でも世界からも知られています。
特に1月から3月にかけては、予約が殺到するほどの人気があります。

ホエールウォッチングをする流れとして、まずは予約をする必要があります。
大抵の場合は、行き当たりばったりでの乗船は難しく、あらかじめ予約が必要になることがほとんどです。

予約後は当日集合場所まで行き、船酔いをする人は乗船前に酔い止めを飲んでおくと良いと思います。
船長やガイドさんの指示に従って、ライフジャケットを着用します。
万一の時に命を守るものなので、ここはしっかりと着用しておきます。

船長やガイドさんの注意事項などはしっかりと聞いておきましょう。
大自然の中で雄大な姿を見せるザトウクジラにあった時には、大声を出したりせずに、出来るだけ見守るようにするのがマナーです。
こうした内容も一通り説明されると思いますので、良く聞いておきます。

後は乗船し、クルージングを楽しみながらザトウクジラの出没エリアを目指します。
船は思ったよりもスピードが出るものです。
運航中はなるべく静かに座ったり、手すりにつかまるなどして、事故を起こさないようにするのが良いと思います。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  
Copyright(C)2016 慶良間(ケラマ)諸島でホエールウォッチング All Rights Reserved.